top of page


 
 
①パラメータを設定する
​ 

​Mikan+のすべての設定は以下のパラメータから入力します。

​チャートを右クリック▶[表示中のインジケータ]▶[Mikan+]の順にクリックし、[パラメータの入力]タブを開くと、パラメータ入力欄が表示されます。

基本的に、★印の項目を変更することで自動売買は可能です。その他の項目は必要に応じてご変更ください。​

入力後OKでチャートに適用されます。

​この時、パラメータを保存しておくとよいでしょう。

複雑な項目ですので、ご不明点はお問い合わせください。

※■システム設定■以外の項目は、チャート毎に設定する必要があります。[メニューボタン]▶[設定コピー]ですべてのチャートにパラメータ設定を反映できます。

■システム設定■の反映には取引エンジンの再起動が必要です。再起動するまで前回の設定で動作します。

Tips:取引エンジンの再起動

取引エンジンが起動している場合、チャート左上の「▼メニュー」を開き、「取引終了」→「取引開始」の順番で再起動できます。取引エンジンは、チャート左上の「Mikan+ ver **」の色で状態がわかります。

▼白色の時

 取引エンジンが起動していない状態

黄色の時

 取引エンジンが起動し、エントリーはできない状態

緑色の時

 起動が完了し、いつでもエントリーができる状態

エンジンinfoサンプル.gif

​■システム設定■

 MT4全体の設定を変更します。こちらで設定したパラメー

 タがすべての取引に影響します。

 ※反映には取引エンジンの再起動が必要です。再起動する

 まで前回の設定で動作します。

 [ユーザーID] [パスワード]

​  ご自身の取引口座の情報を入力して下さい。

 [MT4アラートを取得]

​  アラートモードを使用する際は有効にします。

 ▼MT4起動時に取引開始

  MT4開始時に取引開始ボタンが自動的に押されます。

  システム設定を済ませた1つのチャートにのみ有効化

  してください。

 ▼ロット設定

  ・単利

   一定の金額をベットします。

   すべてのチャートに適用されます。

  ・複利

   口座残高に応じて金額を変化させます。

   すべてのチャートに適用されます。

  ▼金額の上書き設定

  [下__桁以降を切り捨て]

   ベット金額の端数を切り捨てます。複利エントリーの

   際、金額を細かくしたくない場合使用します。

  [下1桁を固定]

​   ベット金額の下1桁を強制的に上書きします。[金額の1

   桁目でフィルタ]と組み合わせて使用します。

​  [取引履歴を下1桁で絞込]

   ハイローから取得する取引履歴(勝敗数)を、ベット金額

   の下1桁の数値で絞ります。[下1桁を固定]と組み合わ

   せて使用します。

 ▼通知設定

  不要な通知を無効化できます。

  [LINENotifyトークン]

   LINE通知機能をご利用の場合トークンを入力します。

   →LINEトークンの取得

  [DiscordウェブフックURL]

   Discord通知機能をご利用の場合、ウェブフックURL

   を入力します。

 ▼勝ち逃げ・損切り停止設定

  設定した利益、損失に達した時、以後の取引を停止(回避)

  出来ます。停止後は、[停止後再開タイミング]を過ぎる

  か、取引エンジン再起動で再開されます。​

 ▼その他の設定

  [起動時刻]

​   取引エンジンを起動する時刻を選択します。設定の数

   分前に起動します。

  [ブラウザ再起動]

   動作速度低下を防ぐため、デフォルトでは120-360分

   の間にランダムでブラウザを再起動します。

  [PC時刻ずれ補正]

​   有効にするとPC時間がサーバの時刻で動作します。

  [日本国外モード]

   海外使用はサポートしておりませんが、この設定を有

   効にすることで動作する場合があります。

  [システム自動アップデート]

   Mikanシステムを自動でアップデートします

  [ブラウザプロファイル保存]

   ブラウザのログイン・エントリー情報等を保存し、

​   ログイン動作を減らします。

  [軽量動作モード(低性能環境向け)]

   WEBページ要素の非表示、タイムアウト時間の延長等

   を行い、VPS等の低性能環境下で動作を改善します。

​   ※(強)は試験機能となり、凍結リスクは未検証です。

  [爆速モード]

   エントリー動作を従来とは異なる方法で行い、速度を

   大幅に改善します。

■対象インジケータの設定■

​ シグナルを拾うインジケータについての設定です。チャー

 ト毎に個別に設定できます。

 [取得シグナルモード]

​  インジケータのタイプに合わせて選択します。

​  →インジケータ別設定例

 ▼バッファモード

  [インジケータ名]

​   自動化するインジケータ名を入力します。

   [Indi_name.ex4]の場合[Indi_name]と入力。

   通貨ペア名がインジケータ名に入っている場合

   ※インジケータがフォルダ分けされている場合、

   「フォルダ名/インジケータ名」のように入力します。

  [インデックス番号]

   サインツールのインデックス番号を入力します。

   3つまで設定でき、複数設定した場合いずれかのシグナ

   ルでエントリーします。

 ▼オブジェクトモード

  下記の3つのフィルタを利用し、拾うオブジェクトを絞り

  込んでいきます。

  ▼オブジェクト名フィルタ

   オブジェクト名がわかる場合有効にします。

   [オブジェクト名]

    [Arrow_2020.01.17 01:04]の場合[Arrow_]と入力。

   [オブジェクト名+時間]

    [Arrow_2020.01.17 01:04]のように、オブジェクト

    に時間が表記されている場合、有効にします。

  ▼オブジェクトコードフィルタ

   オブジェクトコードがわかる場合有効にします。

​   →オブジェクトコード表

  ▼オブジェクトカラーフィルタ

   オブジェクトの色がわかる場合有効にします。

  [陰線でHIGH,陽線でLOWエントリー]

   HIGHとLOWの区別ができないオブジェクトを使用す

   るための設定です。

  [消えないオブジェクト用のモード]※機能廃止

   条件を満たさなくなってもアローが消えないタイプの

   インジに使用します。

 ▼アラートモード

  アラートのテキスト内容を確認して設定します。システ

  ム設定で[MT4アラートを取得]を有効にしてください。

  [HIGHキーワード][LOWキーワード]

   アラートを絞り込むワードを入力します。カンマ区切

   りで複数指定も可能です。

   [USDJPY High Sygnal]の場合[High]と入力。

   [High Sygnal]や[High,Sygnal]でもOK。

  [アラートの有効期限 (秒)]

   複数エントリーの「順番待ち」や、足の確定までの待

   機など、アラートが出てからエントリー開始までにタ

   イムラグが発生することがあります。その際古いアラ

   ートにはエントリーしないよう、読み取る期限を秒単

   位で調整できます。

 ▼その他の設定

  [取得シグナルを過去足にシフト]

   0で現在の足、1で一本前の足のシグナルを拾います。

   シグナルを拾えない際変更をお試しください。

■エントリーの設定■

 エントリーに関しての重要な設定項目です。通貨ペア毎に

 個別に設定できます。

​ [シグナル待機時のみサインを拾う]

  取引エンジンが起動していないとき、サインを拾わず

  MT4チャートに戦歴を残したくない場合設定します。

 [取引モード]

  通常もしくはスプレッド取引かを選択します。

 [取引時間]

  ハイローの満期時間について設定します。

 ▼エントリータイミング

  ・進行中の足

   シグナル(アラート)が出たらすぐエントリー。

  ・タイマー確定足

   足が切り替わるタイミングでエントリー。タイマーの

   微調整が可能で、狙い通りの時間にエントリー可能。

  ・ティック確定足

   次足が出現した直後にエントリー。確定したシグナ

   を拾うためサイン通りのエントリーが可能。

​  [タイマーオフセット秒数]

   タイマー確定足の場合、時間の微調整が可能です。

   [-3]に設定した場合、57秒にシグナルを拾います。

​ ▼エントリー制限設定

​  [同足最大エントリー数(全チャート)]

   MT4全体でローソク足内のエントリー回数を制御でき

   ます。[5]と入力した場合、すでにローソク内で5エ

   ントリーされている場合エントリーを回避します。

​   また、確定足で同時にサインが発生した際の最大エ

   トリ数としても使用できます

​   確定足複数エントリーの設定例

​  [同足最大エントリー数]

   適用チャートのローソク足内のエントリー回数を制御

   できます。[5]と入力した場合、すでにローソク内で

   5エントリーされている場合エントリーを回避します。

​  [前回のエントリーから__秒開ける(全チャート)]

​   MT4全体で、前回エントリーからの最短エントリー間

   隔を設定します。

​  [前回のエントリーから__秒開ける]

​   通貨ペア毎に、前回エントリーからの最短エントリー

   間隔を設定します。

​  [同判定最大エントリー数]

   一つの判定時刻で最大何回エントリーさせるか設定。

​ ▼回避曜日フィルタ

  日本時間かMT4時間(UTC+2/+3)を選択できます。

  また、回避曜日のオフセットを設定できます。

  [30秒]にした場合、23:59:30からは次の曜日として回避

  されます。

​  [曜日]

   [月,火,水]のように、カンマ区切りで入力します。

​ ▼回避時間フィルタ

  日本時間かMT4時間(UTC+2/+3)を選択できます。

  また、回避時間のオフセットを設定できます。

  [30秒]にした場合、8:59:30からは9時台として回避され

  ます。オフセットは[秒]には反映されません。

  [回避時間範囲]

​   回避する時間の範囲を複数指定できます。

   [6:00-8:00,22:45:30-01:15]のように入力します。

​  [時]

   [6,7,9]と入力すると、6:00~7:59、9:00~9:59はシグ

   ナルを拾いません。

​  [分]

   [0,4,59]と入力すると、毎時間59~0分台、4分台はシ

   グナルを拾いません。

​  [秒] ※進行中の足のみ

   [0,4,59]と入力すると、毎分59~0秒台、4秒台はシグ

   ナルを拾いません。

​ ▼許可時間フィルタ

  日本時間かMT4時間(UTC+2/+3)を選択できます。

  また、回避時間のオフセットを設定できます。

  [30秒]にした場合、8:59:30からは9時台として許可され

  ます。オフセットは[秒]には反映されません。

​  すべてを許可する場合空欄にしてください。

​  [時]

   [6,7,9]と入力すると、6:00~7:59、9:00~9:59のみシ

   グナルを拾います。

​  [分]

   [0,4,59]と入力すると、毎時間59~0分台と4分台のみシ

   グナルを拾います。

​  [秒] ※進行中の足のみ

   [0,4,59]と入力すると、毎分59~0秒台と4秒台のみシグ

   ナルを拾います。

​ ▼自動マーチンゲール回数

  負け取引時、自動で追撃エントリーが出来ます。

  実際の勝敗に関わらず、MT4のレートで判断されます。

  [1]と入力した場合、1回まで追撃エントリーします。

  [ベット金額の倍率]

   元々のベット金額、または総掛け金からの倍率を指定

   できます。

  [総掛け金に対しての倍率]

   [無効]にして上の倍率を[2.0]と入力した場合:

    1000円→2000円→4000円→8000円→...

   [有効]にして上の倍率を[1.0]と入力した場合:

    1000円→1000円→2000円→4000円→...

​ ▼その他の設定

  [カスタム取引時間(分)]

   細かい判定時間を指定する際使用します。[3]と入力

   した場合、3-8分間の満期が選択されます。

  [23時間取引の判定時 : (0~6時)]

   23時間取引を行う際、判定時刻が通常(翌朝6時)とは異

   なる通貨ペア(取引原資産)を使用する際入力します。

  ▼チャート毎ロット設定

   上書きを選択すると、チャート毎にベット金額を設定

   できます。

​  [確定足の期間]

   [15]と入力すると、1分足チャートでも15分足確定ごと

   にシグナルを拾います。

シグナル受信後の設定

 取引エンジンがMT4からサインを受け取った後の動作の設

 定です。通貨ペア毎に個別に設定できます。

 [待機秒数]

  シグナル受信後、設定した秒数待機してからエントリー

  します。負の数に設定すると、待機秒数はランダムにな

  り、手動エントリーを再現します。

  例: -0.5 ▶ 0.00~0.50秒の間でランダムに待機

 [許容秒数]

  シグナル受信からエントリーまでの許容時間(秒)を設定

  できます。超過した場合エントリーやリトライはされ

  ません。

 [同時許容秒数]

  確定足同時エントリー時、1番目のシグナル受信からエン

  トリーまでの許容時間(秒)を設定できます。超過した場合

  以後の同時エントリーやリトライはされません。

 [前エントリーからの最短間隔(秒)]

  前回のエントリー成功からの最短時間を設定できます。

​  連続エントリーでの約定拒否が発生する際使用します。

​ ▼約定結果を確認する

  無効にした場合、エントリーが成功・失敗したかの確認

  を行いません。同時エントリー時、素早く次の通貨ペア

  のエントリー動作を開始します。

  [約定拒否リトライ許容回数]

   約定拒否された際のリトライ回数を指定します。

  [約定拒否リトライ待機秒数]

   リトライ時に間隔を空けたい時設定します。

  [有利なレート時のみリトライ]

   約定拒否された際、最初のエントリー時より不利なレ

   ートの場合そのリトライは回避されます。許容秒数、

   回数内であれば有利なレートでエントリーされます。

  ▼アクセス集中リトライ待機秒数(0で無効)

   アクセス集中時に指定した秒数待機し、1回だけリトラ

   イします。有利なレート時のみリトライも可能です。

  [強制リトライ(リトライの回避を無効)]

   残高不足、アクセス集中等、リトライしてもエントリ

   ー成功が見込めない際回避する機能を無効化します。

  [購入エラー(0)をリトライ]

   何らかの原因で購入ボタンが押せなかった際にリトラ

   イします。

​ ▼回避するスプレッド(pips)

  [0.5]と入力すると、スプレッド0.0pips~0.4pipsまで

  エントリー。

  [0]でスプレッドを確認せずエントリー。

  →スプレッドとは

 ▼経済指標回避

  経済指標発表時間前後のエントリーを回避できます。

  取得元 : fx.minkabu.jp

​  [対象国名]

  取得する指標を国名で絞れます。指標名の頭に記載の名

  前で入力します。カンマ区切りで複数入力可能です。

  「ロシア・消費者物価指数」▶「ロシア」

  「英国・RICS住宅価格指数 09月」▶「英国」

その他の設定

 [MTFの動作確認]

  MTFのインジの場合有効にしてください。MTF参照がで

  きていない場合、チャートinfoで点灯します。

 [MT4無効口座の通知]

  MT4デモ口座の期限切れ等、チャートの更新が止まった

  際、アラートとLINE通知でお知らせします。

 [成績自動リセット]

​  MT4、取引エンジンの勝率を自動リセットします。

  リセット時にMT4が起動している必要があります。

​ ▼通知設定

  MT4の標準機能であるメール送信と通知機能を利用しま

  す。

■表示カスタマイズ■

インジケータの追加設定

 ▼メインインジケータのパラメータを変更

  自動化、バックテストするインジのパラメータを変更。

  [パラメータ変更範囲]

   パラメータ変更の範囲を指定できます。指定した範囲

   以降はデフォルトパラメータとなります。

  [パラメータ1~40]

   インジケータのパラメータを、変更しない箇所を含め

   て上から順番にすべて設定していきます。

   テキストや、パラメータが存在しない部分は0.0のまま

   変更しないでOKです。上から順にということが大事で

   すのでお気をつけください。

   [true]=[1.0]  [false]=[0.0] となります。

   ※テキストパラメータは変更できず、デフォルトパラ

    メータとなります。

   ※オブジェクト・アラートモードの場合は、チャー

    に直接適用してパラメータ変更が可能です。

 ▼サブインジケータ

  [ベット金額の倍率(マーチン用)]

   サブインジケータから拾ったシグナルのベット金額を

   メインのベット金額の倍率として指定できます。

​  [適用時間足]

   メインインジと組み合わせることで、MTF動作が可能

   です。[5]と入力で、5分足と適用チャート足のMTF。

​  [適用通貨ペア]

   サブのインジを、別の通貨ペアで動作させる場合、そ

   の通貨ペア名を入力。

 

Tips:LINE通知機能

アクセストークンを発行し、インジケータに入力することで、システムのLINE通知を受けることができます。必要に応じてご利用ください。

896529.jpg


1. 公式サイトにアクセスして、LINEのアカウントでログインします。
2. ログイン後、右上の「マイページ」をクリックします。
3. トークンを発行するをクリックし、トークン名をご自由に入力し、1:1でLINE Notifyから通知を受け取るをクリックします。
4. 発行されたトークンを「■システム設定■」内の
「LINENotifyトークン」に入力します。

LINE
スプレッド

 

Tips:スプレッドとは?

[HighLowスプレッド]だけではなく、通常の[HighLow]モードでも発生するレート操作です。オシレーターが反応した時に発生することが多く、逆張り時に不利になります。

11292317801754.jpg

 

Mikanシステムでは、このようなスプレッドが発生している時にエントリーを回避する機能があります。

 

②自動売買の起動・終了と運用
 

実際の運用方法についてご説明いたします。

​▼バッファタイプのインジケータの場合

 チャートにはMikan+のみの適用でOKです。​​

​▼オブジェクトタイプのインジケータの場合

 自動化するインジケータをチャートに適用します。

 Mikan+はインジケータより後に適用してください。

​▼アラートタイプのインジケータの場合

 自動化するインジケータをチャートに適用します。

▼パラメータの設定が完了している場合

 1.MT4を起動する

 2.チャート左上のボタン→[取引開始]ボタンをクリック

以上で取引エンジンが起動します。取引エンジンはどのチャートから起動してもかまいませんが、取引エンジンの設定がしてあるチャートから起動してください。

またMT4につき1つだけ取引エンジンを起動してください。

起動説明.gif

 

動画のように、取引エンジン1つを起動することで複数チャートで認識されます。

​※認証に失敗するとデモ口座で起動します。MikanOnlineから使用口座のIDをご登録ください。

この状態か最小化(より軽量)で放置しておきます。

Windowsが勝手にスリープモードになったり、再起動したりしないように設定しておきましょう。

定期的な再起動等は特に必要ありませんが、PC環境によっては重くならないようメンテナンスが必要です。

メニュー▼の[取引終了]をクリックすると取引エンジンが終了します。

 
 
③チャート表示の説明
 

Mikan+が適用されたチャート画面を説明いたします。

チャートサンプル2.gif

 

​▼メニューボタンとシステム名表示(左上)

 ▼メニューボタン[▼]

​  クリックするとメニューを表示します。

​ ▼システム名表示[Mikan+]

​  文字の色は取引エンジンの状態を表します。

エンジンinfoサンプル.gif

  ▼白色の時

   取引エンジンが起動していない状態

  ▼黄色の時

   取引エンジンが起動し、エントリーはできない状態

  ▼緑色の時

   起動が完了し、いつでもエントリーができる状態

​ ▼口座表示[DEMO_1000円]

  取引エンジンを起動したチャート(コントロールチャート)

​  にのみ表示されます。

▼取引エンジンinfo

 取引エンジンを起動したチャート(コントロールチャート)

 にのみ表示されます。ログインしている口座の残高や勝

 率、損益金額を表示します。

▼チャートinfo

 取引詳細表示MTF正常表示直近取引表示

infoサンプル.gif

 ▼取引詳細表示

  [確定足タイマー ベット金額 取引時間 取引モード]の順で

  表示されます。[TB]はターボ取引、[SP]はスプレッド取

  引を表します。クリックで設定変更可能です。

  ※パラメータ設定により表示されない項目もあります。

 ▼MTF正常表示

  常に点灯している場合MTF価格取得エラーです。

  MT4を再起動してください。

 直近取引表示

​  現在のシグナル待機の状態、もしくは直近のエントリー

  の結果とその時間を表示します。

  [非待機] : シグナル非待機

  [回避中] : 回避時間内もしくは許可時間外

  [■STOP] : このチャートの取引は停止中

  [待機中] : シグナル待機中(取引エンジンは非待機)

  [待機中] : シグナル待機中(直近取引のデータなし)

  [●00:00] : シグナル待機中(直近取引は成功)

  [▲00:00] : シグナル待機中(直近取引は回避)

  [×00:00] : シグナル待機中(直近取引は失敗)

▼勝敗カウンター

 勝敗カウンターをクリックすると曜日別表示、成功・失敗

 表示を切り替え可能です。

 ▼総合

  Mikan+を適用したすべてのチャートの勝敗数を表示

 ▼個別

  このチャートのみの勝敗数を表示

 ▼失敗 回 回避 回

  取引エンジンがエントリーを失敗、または回避したと

  き、コントロールチャートに表示

▼秒数カウンター

 判定や次足までの時間を表示します。

▼取引ボタン

​ パラメータ設定またはメニューから有効にできます。

 ▼直前待機ボタン(左下)

​  通貨ペアを切り替え・判定選択・ロットを入力し、エン

  トリー直前状態で待機します。

 ▼エントリーボタン(右隅)

​  通貨ペアを切り替え・判定選択・ロットを入力し、エン

  トリーします。

 

 

Tips:勝率表示の違いについて

5549e54c005cc435d0bbaeb1d0bb40fd.png

 

赤枠: 取引サイトから読み取った勝敗数と損益金額

黄枠: MT4上のレートから判定した勝敗数

となります。

ハイローとMT4のレート推移の違いや、エントリーにかかるタイムラグによって、これらの勝率は一致しないことがあります。また、

​・エントリーに失敗した場合​

・複数のMT4で同口座取引をしている時

・Mikanシステム以外で同口座で取引をしている時

以上の場合上図のようにエントリー数が一致しません



④メニューの説明
​ 

メニューボタンをクリックするとメニューが開きます。

メニュー表示5.1

▼取引開始・取引終了

​ クリックすると取引エンジンを起動し、いつでもエントリ

 ーができるようバックグラウンドで待機します。

 通常モードではエントリー画面は表示されません。

 取引エンジン起動中は取引終了ボタンに変化します。

▼HL表示モード(画面表示モード)

 ​ブラウザを開きエントリー画面が見えるように取引エンジ

 ンを起動します。​表示ブラウザは操作しないでください。

▼■(取引停止ボタン)

 ​このチャートのエントリーを停止します。チャート毎に個

 別に停止する際使用します。

▼システムログ

 システムのすべての動作ログを表示します。

▼エントリーログ

 システムのエントリー記録を表示します。

▼HL取引履歴

 取引サイトから取得した実際の取引結果が記録されます。

▼マニュアル

 マニュアルをブラウザで表示します。

▼取引ボタン

 チャートから直接エントリーできます。システム管理下モ

 ードではチャートにアローや勝率が残ります。

▼成績リセット

 MT4、取引エンジンの勝率をすべてリセットします。

 デモ口座残高のリセットも可能です。

▼取引設定

 取引モード・ロット・判定設定を一時的に変更します。

 ロット設定は、[▼チャート毎ロット設定]を有効にすると表

 示されます。

 MT4やチャートを閉じるとリセットされます。

▼設定をコピー

 現在のチャートの、他のインジケータを含めたすべての設

 定を他チャートにコピーします。

​メニューで設定を変更した場合、時間足変更等、インジケータが初期化されると同時に、パラメータで設定した値にリセットされます。ご注意ください。

 

Tips:表示が崩れる場合

f1bac5d92f3f1df90830194bcb07c3df.png

 

 上図のように、PCの解像度設定によってはメニュー表示等

 が崩れることがあります。これはMT4の仕様です。

 動作には影響ございませんが、こちらの記事(外部リンク)

 に対処法の記載がございます。

 

⑤Mikan+の仕組み
 

概要2_edited.jpg

Mikan+システムの概要図です。

①Mikan+.ex4が適用されたチャートから、取引エンジンを起

 動すると、そのチャートは取引エンジンを制御できるコン

 トロールチャートとなります。(上図チャート①)

 取引エンジン1つの起動ですべてのチャートに対応します。

​②それぞれのチャートに適用したMikan+.ex4が、対象のシグ

 ナルを受け取り、取引エンジンにシグナルを送信します。

③この時、複数のシグナルが同時に発生した場合Mikan+.ex4

 が連携し同時最大エントリー数まで絞って送信します。

​ 確定足複数エントリーの設定例

④取引エンジンはシグナルを受信すると、chromedriverによ

 ってブラウザを制御してハイローにエントリーします。

以上の一連の動作を0.1~2.0秒程度で行います。

 

bottom of page